PLAZMARK 技術データ

PLAZMARKによるマスキング効果の確認

耐熱性

PLAZMARK(耐熱性NO.101)の一部をマスキングしてプラズマ処理し、マスク有無の部分の変色性を確認した。

【実験】

【結果】

O2プラズマ処理後 Arプラズマ処理後

※向かって右側にマスキング、赤いラインがマスクの境目。

マスクしていない部分については O2プラズマでは黄色に変色、Arプラズマでは灰色に変色するが、マスクしている部分は変色が見られない。

プラズマ照射部分とマスク部分の境界が明確に確認出来る。

           Arプラズマ照射後の検知部の拡大写真(20倍)

【結論】
耐熱性NO.101はプラズマが照射された部分のみ変色する為、メタルマスクでのパターニングの効果や遮蔽物の影響を見ることが可能。