PLAZMARK 技術データ

  • HOME >
  • 技術データ >
  • PLAZMARK®大気圧プラズマ用を用いたコロナ放電の評価例:(株)サクラクレパス

PLAZMARK®大気圧プラズマ用を用いたコロナ放電の評価例:(株)サクラクレパス

大気圧プラズマ

設備

・プラスチック製筆記具に対する印刷前処理にコロナ放電を利用。
・従来は始業時に濡れ試薬を用いて点検している。
・基準を外れた場合は出力値をUPしたり、ワイヤ電極の掃除・調整を実施する。

 

 

 

 

 

評価

●プラスチック製筆記具にPLAZMARK®を3枚貼付けてコロナ処理し、インジケータの変色具合の目視確認と色差測定を行った。

 

 

 

●プラズマインジケータ:PLAZMARK®  大気圧用 ラベル No.41高感度

●色差計:コニカミノルタ製蛍光分光濃度計 FD-5 (測定光源M1、照明系C光源、2°視野)

 

結果

 

 

 

 

 

変色色差は小さかったが、目視での強弱の判別も可能であった。

濡れ試薬では判定が難しかった処理分布評価に有用と考えられる。