Technical Data

耐熱性ラベル型 No.102 変色の温度依存性

耐熱性ラベルNo.102(低感度タイプ)の変色の温度依存性

Arプラズマ処理の場合

O2プラズマ処理の場合

Arプラズマ処理では高温条件ほど変色色差⊿E*abは小さくなる傾向がみられる。O2プラズマ処理では高温条件ほど変色色差⊿E*abは大きくなる傾向があり、Arプラズマ処理と逆の温度依存性を示す。

記事で紹介した商品

常圧処理工程

PLAZMARK®大気圧プラズマ用

プリント配線板製造/FPD製造/フィルム加工などの大気圧プラズマの処理効果やコロナ放電やUVオゾン洗浄の効果確認に最適

PLAZMARK®大気圧プラズマ用

Contact

「自社のこの工程に利用できる?」「こういった使用環境の利用は可能?」など、お気軽にご相談ください。