PLAZMARK 技術データ

  • HOME >
  • 技術データ >
  • ウエハ型セラミックタイプ(サファイア基板)変色の温度依存性

ウエハ型セラミックタイプ(サファイア基板)変色の温度依存性

ウエハ型

PLAZMARK® ウエハ型セラミック φ4インチサファイア基板 

Arプラズマ処理

O2プラズマ処理

ウエハ型セラミックタイプを400℃加熱しながらプラズマ処理した場合、Arプラズマでは変色色差は小さくなる傾向が見られ、O2プラズマでは変色色差が大きくなる傾向が見られた。

変色の温度依存性はあるが、400℃でもインジケータとして使用可能であることを確認した。